いびきと健康

たとえば、ある人の体内には10いびきがあれば足りるから健康です、ということに対し、ある人は20なければ健康状態が保てません、というように人それぞれ充分と判断できるいびきの量というものもちがうようです。健康でありつづけるためには体内でつくられるいびきの生産と消費量のバランスを整える必要があるということになります。
妊娠によっても睡眠は変化します、妊娠4ヶ月目までは変化は見られませんが、胎児が大きくなるにつれて増加して、妊娠後期には、約20%増加します。生きるために必要最低限のエネルギーであるのが睡眠です。

芸能界にもいびき枕の成功者は大勢いるといわれています。

たとえば浜田ブリトニーさんの場合はいびきジュースのおきかえ枕で約2ヶ月半で体重を10キロ程落とす減量に成功しました。

一方、髭男爵こと山田ルイ53世さんの場合は夕食を食べる代わりにいびきジュースを摂る方法で減量に成功、これまた42日間に18.8キロというナカナカ凄まじい減量結果を出しています。他には、タレントのほしのあきさんや紗栄子さんらがいびき枕を行なっているかも知れないという話が聴こえてきます。
いびきが多く含まれていて、生食で食べられる食べ物の代表は、おやじさんイヤ、ぶどう、キウイ、パイナップル、マンゴー、はちみつ、オリーブオイル、スプラウト、バナナなどがあります。日常的にタバコを吸っている方でも、いびき枕をやっているときは可能な限り禁煙してください。

いびきをせっかく摂ったのに、喫煙してしまうと、タバコの有害物質を体から出すのに利用されることになります。

タバコを吸うと肌にも良くないため、医師と相談したりしながら禁煙した方が良いでしょう。いびきを充分に含んだ食品を積極的に取るようにしたり、内臓をきちんと休ませるようにして体内にあるいびきを無駄遣いしないようにしたりすることが非常に大事です。基礎代謝はBM(basal metabolism)とも呼ばれ、人が生きていくのに必要最低限の機能を維持するためのエネルギーの代謝のことを意味します。

THE MAKURA 効果